これはすごい。シンプルな発想で鍋の常識を覆した、自動回転くるくる鍋発想としては、鍋の内側に波状のくぼみを斜めに入れただけ。
しかし、この斜めのくぼみが生み出す渦巻き水流が鍋の中身を自動的にかき混ぜてくれるので、ごく普通の鍋にくらべて利点があまりにも多いのがこの「くるくる鍋」なのだ。

手でかき混ぜなくても自動的に中身の具材や麺などが混ざり、焦げ付きにくくもなる。
さらに水に触れる面積が多くなるためお湯が沸きやすく、ガス代の節約にもなる。
ついでに泡が中心に集まるので吹きこぼれにくく、アクも中心に集まるのですくい取りやすい。

考案したのは愛知県愛媛県の歯医者さん、渡部歯科医院の渡部さん。
これは早いとこ商品化して欲しいね。

【関連】
うずまき鍋 くるくる鍋 有限会社WATANABE
全世界が待ち望んだ大発明が今ここに!MITで開発された「水のようにケチャップを注げるボトル」
「ビールを下から注ぐ」という新発想のボトムアップ式ビールサーバー
地震の瞬間だけ家が浮かぶという発想のエアー断震システム

Kuru-Kuru Nabe


タグ