全世界が待ち望んだ大発明が今ここに!MITで開発された「水のようにケチャップを注げるボトル」人類の多くが共有する大きな悩みの一つとして、「ケチャップが出しづらい」「マヨネーズが最後まで出てこない」などがきっと恐らく挙げられるはず。

そんな悩みを解決しようと立ち上がったのは、マサチューセッツ工科大学で機械工学やナノテクノロジーを学ぶデイブ・スミスさんのチームと、バラナシ工科大学の研究グループ。

ナノコーティングにより、ケチャップやマヨネーズのような粘度の高いものであっても、水に近い感覚で注ぐことができるし、ほとんど残さず注ぐことが可能。
キューピーでも味の素でも、カゴメでもハインツでも、この技術を用いた容器を使ってくれたら、間違いなくそこの商品をメインに買うと思う。

【関連】
ゲル状の物をそのまま移動させる古川機工の「すくいあげ移載機」が凄過ぎる
iPhoneにスプレーするだけで水没OKな超撥水シリコンスプレー NeverWet
ハインツ自動ケチャップロボット1号、2号
繊維そのものが発熱するカーボンナノチューブコーティング導電繊維

Ketchup Bottle Solution: MIT's LiquiGlide Finally Fixes Our Condiment Problem


(Mayonnaise Version)MIT's Freaky Non-Stick Coating Keeps Ketchup Flowing


タグ