ATMの操作は手元隠さなきゃ……と思える、隠しカメラからの映像クレジットカードから情報を読み取るスキマー装置をATMに勝手に設置し、同時に隠しカメラによってパスワードを入力する様子を盗撮するスキミング犯罪。

ATMの上部に設置されたカメラで撮影された映像は、こんな具合にハッキリ手元が映っていて、どんなパスワードを入れたのかが用意に確認できてしまうのだ。

たとえカード情報をスキミングされても、何らかの方法で手元を隠していれば、パスワードは知られずに済む。
万が一のことを考えて、ATMの操作は手元を隠すようにしたほうが良さそう。

お店でカード払いする時、サインじゃなくてパスワードを入れる方式のお店も同じだよね。

【関連】
スーツケースのファスナー2個に南京錠をつけるのは防犯上ほぼ無意味
ホテルの貴重品金庫を信用してはいけない理由
防犯カメラの配置を把握し、その盲点を突いたはずだった泥棒
自転車の盗難防止に最適かつ可愛い忠犬

Link ATM Skimming Video




タグ