ディズニーリサーチによる「どのようにタッチしたか」まで検知できるテクノロジー Toucheアメリカ、ペンシルバニア州のピッツバーグにあるディズニーの研究所、ディズニーリサーチピッツバーグで研究されている、タッチの種類まで検知できるテクノロジーを紹介した映像。

どの場所を「触った」「触っていない」という単純な情報だけでなく、周波数の違いによって「指1本で触った」「2本の指で摘んだ」「手のひらで握った」など、細かい違いを検知可能。
微弱な電気で検知できるので、人間の体や水などを介して入力、操作できる、応用範囲が広そうなテクノロジーなのだ。

例として表示されているジェスチャーでの音楽プレイヤー操作や、触りかたで反応が変わるドアなんてのも面白いね。


【関連】
オランダのフローニンゲン大学が構築した巨大マルチタッチスクリーン
ごく近い未来に実現していそうな、日常にタッチスクリーンがありふれた光景 その2
パソコンデスクもデスクトップの延長に!マルチタッチスクリーン搭載デスク EXOdesk
GMが提案する「サイドウィンドウへの透過タッチスクリーン搭載車」

Touche: Enhancing Touch Interaction on Humans, Screens, Liquids, and Everyday Objects


タグ