工程が分かるのに分からない異次元の凄さ。ポリマークレイ アーティスト、ジョン・アンダーソンの制作工程ポリマークレイを捏ねて複雑な模様を作り上げるポリマークレイ アーティスト、ジョン・アンダーソンによる製作工程のデモンストレーション。
ポリマークレイの形を成形して重ねあわせ、細く伸ばして切ったそれらをまた重ねあわせ、繰り返して小さなパーツを作り上げていく。

いや、今作ったその部分がずいぶん小さいけどあそこにあって、今まで通りの工程でそうなるんだろうなっていうのは分かるんだけど、完成形へ一気にワープしすぎてて、むしろその途中を見せてくれという感じ。
伸ばして切って、また伸ばしてを繰り返すと、あんなに細かい模様になるんだね。

【関連】
彫刻家、Philippe Farautによる粘土を使った胸像制作デモンストレーション
粘土でできたお寿司屋さんを描いたクレイアニメーション こねこね寿し
曲げてねじって、粘土のように金属を加工する工業用機械が気持ちいい
アウディ A6のボディを作り上げる職人さんの手仕事

Hand Guitars' Jon Anderson Reveals the Secrets of Polymer Clay Design
タグ