普通に落ちたり噛まれたり、ジェームズ・ボンドがワニを跳び渡るシーンの舞台裏映画「007 死ぬのは奴らだ」で、ジェームズ・ボンドがワニの背中を足場にして跳び渡るシーンの舞台裏。
このスタントはワニ園の経営者がスタントマンとして行なった物だそうだけど、何度も失敗し、上手く渡れず水の中に落ちたり、足を噛まれて危険な目に遭ったりしたみたい。
最後に登場するのが実際に使用されたOKテイク。
実に軽やかな姿の裏には、結構な苦労があるんだね。

【関連】
007のテーマ曲に勝手に歌詞を付けて歌ってみた His Name Is James Bond
よく見るとおかしいジェームズ・ボンドシリーズの中のミス映像
編集次第でトム・ハンクスもこんなに新ジェームズ・ボンド
映画「セレニティ」のアクションシーン・スタント リハーサル

Live and Let Die Crocodile Jump attempts-Ross Kananga in Jamaica 4 James Bond / Roger Moore stunt


タグ