テープを重ねて切り取る事で描くストリートアーティスト Max Zorn街灯などの光源の上にテープを重ねて張り、部分的に切り取って濃淡を付けることで絵を描くストリートアーティスト、Max Zorn。
テープを貼るたび、切り取るたびに絵が出来上がっていくんだけど、完成した作品は実に繊細でリアル。
弘法筆を選ばずっていうけど、もう筆すらいらないんだもんなぁ。

【関連】
塗って削って風景画を描くミャンマーのストリートアーティスト
絵筆を使わず絵を描くアーティスト、エイミー・シャクルトン
右手と左手で別の絵を同時に描くアーティスト シャオナン・サン
塩で描くアート Art With Salt

Street Art by Max Zorn Making of Tape Art
タグ