1充電で300キロ走れるSIM-Driveの電気自動車 SIM-LEI株式会社SIM-DriveのSIM-LEIは、1回の充電で300キロの走行が可能な電気自動車。
タイヤの中にモーターが入ったインホイールモーター技術を採用していて、最大で8輪8駆動方式まで選択が可能。
タイヤの数が多ければ当然加速もグリップ性能も上がるし、ブレーキの効きもよくなる。

8輪でインホイールモーターで、既存のガソリン車にも組み込み可能な台車方式というと慶應義塾大学のEliicaそのまんまだなぁと思ったら、SIM-DriveってEliicaの技術を活かすために作られた会社だったんだね。

Eliicaはポルシェ911を凌ぐ加速力と、時速370キロという最高速度、さらに100円分の充電で100キロ走れる恐るべき電気自動車。
その技術が一般に手が届くようになってきたって、凄く楽しみだね。

【関連】
SIM-Drive 技術・開発 Shimizu In wheel Motor-Drive
都市部の移動をコンセプトにした縦長の電気自動車 EN-V
渋滞なんて楽々解消!場所をとらない電気自動車Tango T600
一輪車風モードにトランスフォームする可変式電動バイク UNO

航続距離300キロの電気自動車 #DigInfo
タグ