どうしてこうなった…?1本の線を500人が次々なぞる伝言ゲーム的実験が凄い結果にプログラマーであり、アーティストでもあるクレメント・ヴァラさんが500人の被験者を対象に行なった実験は、「前の人がなぞった線を同じようになぞる」というシンプルなもの。

最初の1人がなぞったのは、縦に引かれた1本の線。
それを手描きでなぞるとちょっとした歪みは当然発生し、次の人はその歪みも正確に再現しようとし続け、し続けて500人。
最終的な結果からは元の線がまったく想像しがたいものになってしまったのだ。


【関連】
赤ちゃんに「無表情」「無反応」で接する心理実験
1人で食べても分け与えてもOK。子供たちの一方だけにお昼を用意した実験映像
ウンコのお釣りについて本気出して実験してみた映像
猫の「まる」はどの箱が最も好きなのかを調べてみた実験映像

an illuminating metaphor for the process of biological evolution




タグ