海中に伸びる死の氷柱、南極で観測された自然現象 Brinicle南極の海中で撮影された自然現象、「死のつらら」こと「Brinicle」。
氷塊から伸びるように氷が海中を下へ、下へと伸び進み、海底に達すると海底やヒトデたちを凍りつかせながら、さらに一方向へと進み続けているのだ。
実際にはもっとゆっくり凍っていくんだけど、微速度撮影するとまるで魔法のよう。
逃げ遅れたヒトデたちがカチカチに……。


【関連】
南極大陸の1年間の様々な変化を撮影した微速度撮影映像
南極大陸マクマード基地における天候コンディション1の状態
カザフスタンの空に5つの太陽が輝く 太陽に輪がかかる自然現象、幻日環
謎の自然現象、球電(ボールライトニング)の映像

Frozen Planet: Icy Finger of Death


タグ