上司の車をこっそり実物大のレゴに……。レゴランド・カリフォルニアならではのドッキリ映像レゴ社が運営するテーマパーク、レゴランド・カリフォルニアの総支配人、ピーター・ロンチェッティさん愛用のボルボ XC60を勝手に移動させた、同テーマパークのスタッフたち。
代わりに駐車場に運び込まれたのは、20万個以上のレゴパーツを組み合わせて作られた、実物大のレゴボルボ XC90。
お昼に出かけようとやってきたピーターさんはもちろんビックリ。
レゴボルボは2004年に制作されて、どこかに展示されてたか仕舞い込まれていたものらしいよ。

【関連】
AR(拡張現実)で完成予想図を見られるレゴのパッケージ
もしもレゴが悪用されたら・・・
レゴで作ったV8エンジン
レゴでここまで再現できる!映画「マトリックス」の有名な弾避けシーン

LEGOLAND California Staff Pranks General Manager
タグ