動物の死体を運び、地中に埋める、シデムシ(死出虫)の生態シデムシは、死出虫と書く名前のとおり、死体があるところに現れる虫。
この映像のモンシデムシは、複数匹が協力して地面に寝転び、ベルトコンベアーのように小動物の死体を運搬。
地面を掘った巣穴に死体を運びこんで、ちょっとずつ肉団子にして自分や幼虫たちが食べるのだ。
以下のWikipediaの文章読んでて、HUNTERXHUNTERの蟻のモデルの一部になったのかなぁと思った。

特にモンシデムシ属 Nicrophorus のシデムシは、家族での生活、すなわち亜社会性の昆虫である。雌雄のつがいで小鳥やネズミなどの小型の脊椎動物の死体を地中に埋めて肉団子に加工し、これを餌に幼虫を保育する。親が子に口移しで餌を与える行動も知られており、ここまで幼虫の世話をする例は、甲虫では他に見られないものである。


【関連】
シデムシ - Wikipedia

Burying Beetles
タグ