イモムシを操り、繭作りの手伝いや護衛までさせる寄生蜂イモムシの体の中に大量の卵を産み付ける寄生蜂を紹介した映像。
体内で孵化した寄生蜂の幼虫たちは、鋭利な口を持つまでに成長すると、イモムシの表皮を食い破って外へ。
その後、幼虫たちは繭を作って羽化に取り掛かるんだけど、繭の補強や無防備な繭のボディーガードを、操られているらしいイモムシが担当。
虫系の映像は色々と紹介してきたけど、これはレウコクロリディウムに勝るとも劣らない強烈さ。
虫が苦手な人はもちろん、そこそこ平気な人でもイモムシから出てくる瞬間はキツいかも。


【関連】
レウコクロリディウムの生態(日本語ナレーション)
アブラムシの体内に次々と卵を注入する寄生蜂「Black wasps」
バッタの死体から出てきた3匹のハリガネムシ
まるでタタリ神!一個の個体のように群れて移動するイモムシ

Body Invaders


タグ