ユニセフが見つめたストリートチルドレンの日常住む場所もなく、頼れる人もなく、自分たちの力で生きていかなければならないストリートチルドレンたち。
ある者はゴミ捨て場でまだ使えるゴミを漁り、ある者は路上で物乞いをし、ある者は低賃金の労働につく。
国や政治が変わらなければ根本的な解決にはならないけれど、この現実がこのままでいいわけもない。

【関連】
子供は子供らしく生きるべきだと思う
子供のために良いと思える事と、本当に良い事

Unicef
タグ