絶体絶命の状況をちょっとだけ好転させる、たったひとつの冴えたやりかた傷めつけられ縛られて、朦朧とする視界に映るのは人間1人が丁度良く収まる大きな穴。
後頭部に突きつけられた拳銃からはいつ鉛玉が飛び出してもおかしくはないという絶体絶命の男。
彼の運命をほんのちょっと、わずかばかりでも好転させる方法は、無駄な抵抗でも命乞いでもなく、人類共通の文化を共有することだったりするのだ。


【関連】
Lucky 人生は幸と不幸の繰り返し
1度は亀に食われながらも脱出したラッキーな蝶
エンディングのために全てがあるようなミニアクションゲーム You Have To Burn The Rope

Tune for Two (2011)


タグ