呼吸停止したボクサー犬を心肺蘇生法で救ったトレーナーアメリカ、ワシントン州のタコマに位置するCanyon Crest K9 トレーニングセンターで、トレーニング中に突然呼吸停止してしまったボクサー犬のシュガー。
飼い主がパニックに陥る中、彼に対してただちに心肺蘇生法を行ったのは、トレーニングセンターのオーナーであり、ヘッドトレーナーのロン・ペースさん。
のちの検査によると、シュガーは心筋症であったことが判明したとのこと。
犬への心臓マッサージは人間に対するものとは違うみたいだけど、有効であることに変わりはないんだね。


【関連】
下着姿で倒れたお姉さんに遭遇した時のために覚えておきたい心肺蘇生法
踏切内で立ち往生した車を、列車との衝突から間一髪救った男
1人の男に暴行する2人組の男たちに立ち向かい、男を救った勇敢な女性
ひっくり返ると自力で起き上がれないリクガメが持つ助けあいの精神

Dog Trainer Saves Dog with CPR


タグ