女子600メートル走で転倒するも、脅威の末脚で追い上げたオードリー・スムート選手アメリカの大学生たちが競いあうビッグ・テン・カンファレンスという陸上競技大会の2008年、女子600メートル走にて。
先頭を走っていたオードリー・スムート選手が、競技の中盤で転倒。
一気に距離を離されて最下位に転落してしまったものの、驚異的な追い上げを見せて、前方の選手たちを次々と抜き去ってしまったのだ。
逆境になればなるほど燃えるタイプだったのか、とにかく凄い追い上げ。


【関連】
逃げ馬なのに脅威の末脚を持つ悲運の名馬サイレンススズカ
最後の直線で最後尾から1位へと追い上げたディープインパクトの脅威の末脚
最後の直線で最後尾から1位へと追い上げたリアルヴィジョンの脅威の末脚
普通のオッサンとアメフト選手の走りがどれだけ違うのか何度も比較してみた

Heather Dorniden's Inspiring 600 meter race


タグ