時代を先取り過ぎ!1972年にユタ大学で作られた、人間のCGアニメが凄いユタ大学にコンピューターサイエンス科が創設されたのは1968年。
この映像は、1972年にユタ大学で研究、制作された、人間を再現したCGアニメーション。
人間の顔をアニメーションで変化させ、様々な顔つきや表情を再現しているのだ。
後半は人間のセリフに合わせてCGの人物が喋るシーンも。
ファミコンが発売されたのが1983年なので、時代を先取りするにも程がある、って感じだよね。


【関連】
最先端のCG
1983年にディズニーが制作したCGアニメーションのテスト映像
1958年に発明され、世界で初めて不特定多数の人に遊ばれたテレビゲーム Tennis for Two
1922年にテスト撮影されたコダック社コダクローム写真のアニメーション

Early CGI Facial Animation (1972)


タグ