【PR】長男ガルベス4才と一緒にlivedoor 英語学習のゲームで英語に触れてみたlivedoorが最近始めた「livedoor 英語学習」は、ゲームを楽しみながら英語の学習ができるサービス。
楽しく遊びながら英語に触れることができるそうなので、可愛いさかりのうちの長男ガルベス4才と一緒に、色々なゲームをプレイしてみたよ!
ガルベスが小太郎ぶろぐを将来受け継ぐためには、パソコンの操作とゲームと英語が同時進行できちゃうlivedoor 英語学習はうってつけかもね!

livedoor 英語学習の特徴はなんといっても、ウェブゲームで遊びながら英語に慣れ親しむことができるというところ。ゲームにもいくつか種類があって、それぞれ遊び方や習得できる内容が異なっているのだ。


ステルスキャット」は英語のセリフを聞いて、正しいスペルで英単語を入力するゲーム。失敗すると基地に設置された爆弾が爆発しちゃうのだ。


ファクトリースクランブル」は英語を並べ替えて正しい文章を作り出すゲーム。「ステルスキャット」と「ファクトリースクランブル」は「カッコよさそうだから!」という理由でガルベスのお気に入り。


スイカを次々に出荷する「スイカパニック」は、英語の意味から単語を選んだり、英単語から意味を選んだりする、単語学習帳みたいなゲーム。とってもシンプル。


いい成績でクリアするとメダルが手に入るよ。一番いいのはダイヤメダル。


上記の3種類のゲームはクリアしていくごとにブロックが手に入り、ブロックをたくさん集めると左側に見えるビルがどんどん完成していくのだ。3階とかだとまだまだビルに見えない。


ガルベスお気に入りの「ステルスキャット」と「ファクトリースクランブル」を一緒にプレイしているところを動画で撮影したよ。
ガルベスの服がカラフルなのはまだパジャマを着ているからで、声がガラガラなのは風邪気味だから。

長男のガルベス4才とlivedoor 英語学習でゲームしながら英語のお勉強!



動画の中でもあったように、ゲームをプレイしているとアバター用の洋服などがプレゼントされることがある。どんどんゲームを進めていくと、色んなアイテムが手に入るわけだね。



ゲームの中で特に熱いのが、オンライン上の他のプレイヤーたちとリアルタイムに対戦できる「ゐんぐりっしゅカルタ」。いやぁ、対人戦はやっぱり燃えるね。勝つと嬉しいし、負けると悔しいし。
負けて悔しいから頑張った結果、自然に英語力が身についているっていうのは嬉しい副作用みたいなもんだ。
ただ、ガルベスはやっぱり「カッコいい」方が好きみたい。画面の向こう側に人間がいるかどうかなんて、四歳児にはまだピンと来ないだろうしね。

長男のガルベス4才と一緒にlivedoor 英語学習のカルタで英語のお勉強!




livedoor 英語学習で便利だと思ったのが、ゲームを繰り返していると勝手に「覚えた単語」「間違えた単語」「うろ覚えの単語」などが集計されていくこと。基本といえば基本の機能だけど、こういう機能があるのとないのとでは実用性が大違いだよね。


あと、写真をみながら英語の文章を聞く「分かる!英語のプロセス」というコーナーも面白かった。英文の単語やフレーズごとに写真の人物や物、動きが表示されるから、どの単語やフレーズがどの人物や物にかかっている言葉なのかが感覚的に理解できるようになっているのだ。


この青矢印は「is coming」の部分ね。


全体的にガルベスはlivedoor 英語学習のゲームを気に入っていたし、「またあのロボットのゲームやろうよ!」なんて言ってたりしたけど、四歳児が一人でプレイするにはどのゲームもちょっと難しすぎる。そもそもの対象年齢がもっと上を想定しているんだろうけど、せっかく興味を持った幼稚園児が一人でプレイできる内容のゲームがひとつでもあれば、勝手にゲームを進めつつ、英語に触れ合えてよかったかもしれないよね。

とりあえずガルベスが一人でプレイできる年齢になるまでは一緒にlivedoor 英語学習で遊んでみるよ!
あとあれだ、iPhoneアプリ版とかが出てくれたら、より子供と一緒に楽しみやすくなるかもだね!


livedoor英語学習 powered by ココネ

タグ