あるモノが秘められた奇妙な箱を巡る人々を描いたショートフィルム The Gift近未来、あるいは遠い未来のロシアを、ある“箱”を抱えて歩く帽子の男。
彼が辿り着いた家に住んでいたのは、箱を開く術を知る髭の男とその家族。
髭の男は帽子の男から箱を受け取ると、ある方法で箱を開き……。

映像のクオリティや細部までの作り込みが異様に高い作品。
会話の意味を知ってもよく分からなかったけど、Youtubeのコメント欄に帽子の男と髭の男の会話を英訳したものが掲載されていたから引用しておくね。

Man in Hat:? What is that?
Bearded Man: It’s a unicorn. Never seen one up close before.
Man in Hat: Beautiful. *stab*
-------------------
Man in Hat: Get away… Get away…


【関連】
林の中で偶然見つけた大金を巡る悲劇を描いたショートムービー
黄色いケーキを巡る物語を描いたアニメーション Yellow Cake

Philips Cinema - Parallel Lines - The Gift, by Carl Erik Rinsch
タグ