針を使わず「凧」と「蜘蛛の糸」を使うソロモン諸島の漁師たち南太平洋、ソロモン諸島の漁師たちが行う、針を使わない漁。
針の代わりに使うのは蜘蛛の糸で、蜘蛛の糸の塊を小型の凧で遠くまで飛ばし、魚が食いついた頃合いをみて引き戻すのだ。
ダツのような口先が尖って、恐らく返しの付いた魚相手だからこそ生まれた漁法だね。


【関連】
ペットボトルで釣りをすれば不慣れな女の子でも大物GET
ラジコンヘリコプターで魚を釣るヘリフィッシング
ロシア流、凍った湖での魚捕り
砂を巻き上げた煙幕のリングで魚を囲い込む、イルカによる漁

HD: Spider Web Fishing - South Pacific - BBC Two


タグ