200カ国の平均寿命と平均年収の200年にわたる変化を分かりやすく表現した解説映像1810年から2009年まで、200年間にわたる平均寿命と平均年収の変化をグラフ化して分かりやすく変化させた映像。
縦軸が平均寿命を表し、横軸が平均年収。
1810年当時は平均寿命が最長でも40歳ほどだったり、第二次世界大戦を境に大きな変化を迎えたり。
基本的には右上に向かって移動しているものの、国によってはほぼ変化なしだったり。
このグラフを使った説明は物凄く分かりやすいね。


【関連】
1884年から2006年までの地球表面温度の変化
世界五大宗教の発生と分布の歴史をまとめたフラッシュ映像
Evolution 音響機器の進化を表現したCM映像
南極大陸の1年間の様々な変化を撮影した微速度撮影映像

Hans Rosling's 200 Countries, 200 Years, 4 Minutes - The Joy of Stats - BBC Four


タグ