リオデジャネイロのコルコバードのキリスト像が動く「世界最大の抱擁」ブラジル、リオデジャネイロのコルコバードの丘にそびえ立つ、コルコバードのキリスト像をスクリーン代わりに、プロジェクターで映像を映した、人身売買や児童ポルノの撲滅を訴えるキャンペーンによるプロジェクト。
ブラジルの映画制作者、フェルナンド・サリスが企画したもので、プロジェクションマッピングのような手法でキリスト像が抱きしめるような動きを見せるのだ。
建物をスクリーン代わりに使うのは珍しくないけど、この発想はすごいね。


【関連】
リオの巨大キリスト像、腕閉じる 児童性的虐待撲滅活動の一環で : AFPBB News
建物の壁でインタラクティブに遊ぶプロジェクションマッピング
ハンブルク市立美術館の壁に映像を投影したアート映像 555 KUBIK

Projec,a~o do abrac,o do Cristo no Rio, de Fernando Salis 19/10/2010


タグ