楽器との位置関係によって演奏する電子楽器 beaconFrom 酔拳の王 だんげの方さん
筑波大学の内山俊朗研究室で作られた「beacon(ビーコン)」は、楽器に対しての位置関係によって音を鳴らすことができる電子楽器。
ひとりで演奏するよりも、大勢が参加して試行錯誤し、協力し合いながら演奏する、人と人とが音楽を通じて関わりあうことを目的とした楽器。
友達同士でも、知らない人同士でも、beaconで一緒に遊ぶだけで凄く打ち解けたり、仲良くなれたりしそうだよね。
ショッピングモールの一角に子供が遊ぶスペースとして、beaconを設置しておいても面白そう。
2個目、3個目の動画はbeaconを使って曲を演奏してみたもの。
4個目はバージョンアップしたbeacon 2。

【関連】
ナイキの靴を楽器に改造し、曲げて叩いて捻って演奏
おたまじゃくしがパクパク歌う電子楽器 オタマトーン
野菜で作った楽器だけを使って演奏したベジタブルオーケストラ
不思議な楽器で色んな音を出すライブパフォーマンス

beacon : 身体の動きで演奏する電子楽器 : 筑波大学


主よ、人の望みの喜びよ on beacon


LOVEマシーン on beacon


beacon 2 : さらに演奏表現を追求した beacon : 筑波大学
タグ