もしもゲームにスーパーイージーモードが用意されていたならば理不尽に難しいと無理ゲーという意味でのクソゲー扱いされ、簡単にするとヌルゲーという意味でのクソゲー扱いされる。
ゲームにはゲームバランスというものが必要で大事なんだけど、もしも極端に簡単な方にバランスが傾いたスーパーイージーモードがあったとしたら、こんな感じ。
ヌルゲーにも程がある。というか、そもそもゲームとして成立しているのかどうか疑わしいものばっかり。

【関連】
Tetris1d 極限まで簡単さを追求したテトリス
孔明の罠だらけの高難易度アクションゲーム The Unfair Platformer

If Games Had Super-Easy Mode


タグ