100年の歴史を持つ彫像の移設工事はもっと慎重にやらないとダメなのに・・・ベルギー、ブレヒトの教会前にあるこの彫像は、およそ100年前に作られ、設置されたもの。
教会前の広場の工事に伴い、この像も2~3メートルほど移動させる必要があったらしいんだけど、慎重に慎重を重ねた工事に、もうちょっとだけ慎重さが足りなかったみたいで・・・。
100年の歳月がもたらしたダメージが、思ったよりも足にきてたのかもね。

【関連】
教会で大事な彫像を運ぶ際に起きた悲劇のハプニング
ジェイソンさんがチェーンソーで彫った木彫りの等身大ビッグダディ
イエス・キリストの復活祭で、キリストが転落してしまうハプニング
彫刻家、Philippe Farautによる粘土を使った胸像制作デモンストレーション

De val van Mudaeus
タグ