ゴール直前、ほぼゼロ距離で痛恨のミスを犯したサッカー選手、ケイ・カマラカンザスシティ・ウィザーズのサッカー選手、ケイ・カマラがボールをシュートしようとした時点で、ボールとゴールとの距離はほぼゼロ距離。
1メートルもないどころか、ほんの10センチほど転がっただけでもゴールに入ってしまいそうなのに、犯してはならないミスを犯してしまう大失態。
ちょっとしたミスといえばちょっとしたミスだけど、こういう場面でのちょっとしたミスが一番痛い。

情報:名無しさん

【関連】
敗者の視点から見るサッカースーパープレイ映像
観客がサッカーグラウンドに投げ入れたビーチボールが得点をアシストしちゃうハプニング
サッカーの試合中は常に真剣勝負、ちょっとした油断が命取り
タッチダウン寸前に思わずボールをスルーパスする痛恨のミス

Worst miss of the century - Kei Kamara vs LA Galaxy - EPIC FAIL
タグ