火事の現場にパトカーを誘導し、被害の拡大を防いだ名犬バディ火事の知らせを受けて現場へと急行したものの、通報者による情報からは正確な現場が判明せずに、現場近くで道に迷ってしまったアラスカ州の警察官(AST)たち。
そんな時に、パトカーが照らし出す雪道の先に姿を現したのは、1匹のシェパード犬、バディの姿。
バディが導くままにパトカーを進めると、その先にはバディの飼い主、ベン・ハインリッヒが経営していたお店が盛大に燃え上がっていたのだ。
現場の正確な場所が把握できたことで、警察官たちは消防車をハインリッヒ家まで誘導、お店は全焼し、近くにあった小屋も焼けてしまったものの、ハインリッヒ家はキッチンの窓付近がわずかに焦げた程度で済んだのだ。
バディの誘導がなければより大きな被害は免れなかったはずで、バディにはASTから感謝状が贈られる予定なんだとか。

情報:名無しさん

【関連】
高速道路で轢かれた仲間を、危険を顧みず救おうとする犬
人間よりもいち早く地震を察知して逃走した犬
花火戦争で武器庫をロケット花火が直撃して誘爆、大爆発
強力なバックドラフト現象により建物が吹き飛ぶ映像

Dog leads Alaska State Trooper to fire.
タグ