小鳥たちによるギター演奏、偶然が生み出す音楽フランス人アーティストのCe'leste Boursier-Mougenotがロンドンのバービカン・アートギャラリーで展示している、小鳥たちを利用したアート作品。
配線し、設置したエレキギターの上に小鳥たちが止まり、動くことによって演奏される、偶然を利用した音楽なのだ。
木の枝を突っ込んで巣を作ろうとしているっぽい小鳥が、演奏しようという意志を持ってるかのように見えちゃうね。

【関連】
牛が放牧された牧場で偶然が重なって聞こえた「The Final Countdown」
音楽に合わせてノリノリで踊るオウム

Ce'leste Boursier-Mougenot at Barbican Centre, London
タグ