一方ドイツはベアリングとシリコンオイルでカリプソを作った日本人が3次元加速度センサーとサーボモーターでコップの水がこぼれない車載テーブルを作る10年以上前に、同じ問題を抱えたドイツ人が作り出したのがこのカリプソ。
車が動く際のGに反応し、シリコンオイルとベアリングでドリンクホルダー内部が可動。
飲み物がこぼれにくいように動いてくれるというドリンクホルダーなのだ。
シンプルなアイデアでこれだけの性能があり、コンパクトなものを作り出しちゃうのって凄い。

情報:名無しさん

【関連】
カリプソ 伝説のドリンクホルダー
コップの水をこぼさない、2軸制御車載テーブル
一方ロシアはパラモーターにタイヤを付けた
キリンは木の葉を食べるために首を伸ばした。一方、象は・・・

カリプソ
タグ