「SIGGRAPH Asia 2009」動画集シーグラフアジア2009で撮影した動画をまとめてアップしたよ!
iPhoneで撮影した動画で、ほとんどが1分以内の短いもの。
それぞれの映像の詳しい説明はYoutubeの動画サイトの方に書いておいたよ。
海外のアート作品は詳細が英語だったりするけども。

SIGGRAPH Asia 2009 - Tengible


本物の影と、プロジェクターで投影した本物の影とが混ざり合うのが面白い作品。


SIGGRAPH Asia 2009 - ScoreLight レーザー光が輪郭を追跡する人工共感覚装置


おなじみスコアライト。撮影した時は調整中だったみたいで、音が出てなかったのが残念。


SIGGRAPH Asia 2009 - A Head of View


これは立位置によって目の前の仮想フィールド上を移動し、手に持った生首の向きで仮想フィールド内の向きを変える、仮想空間を移動できる装置。
ジャンプすると仮想空間の中の自分もジャンプするよ。


SIGGRAPH Asia 2009 - Miniverse2


球体の表面にたくさん開いた穴を覗き込むと、中で誰かが動いている映像が見られるアート。変なの。


SIGGRAPH Asia 2009 - Lumarca


敷き詰められた棒にプロジェクターから映像を投影して、立体的な映像を楽しめる作品。
これはすごく綺麗だった。


SIGGRAPH Asia 2009 - MemoIcon: Using Everyday Objects as Physical Icons


いっこ前のエントリーでも紹介した、身の回りのものをアイコンとして使える装置。


SIGGRAPH Asia 2009 - S-A-09


絶滅危惧種、としか説明が書いてなかった不思議アート。
スライムみたいなのとか、魚っぽいものとか。


SIGGRAPH Asia 2009 - OptiTrack フルボディモーションキャプチャーシステム


今回いろんな企業が出展していた、モーションキャプチャーシステムの一つ。
お姉さんが頑張って踊り続けてた。


SIGGRAPH Asia 2009 - 超Immersive デジタルモックアップシミュレーションシステム


仮想空間の中に自分自身を投影するシステム。
やってみたけど、面白かったよ!


SIGGRAPH Asia 2009 - Rakugaki


日本電子専門学校のブースに置いてあった、楽器の音に反応するインタラクティブアート。
太鼓をたたくと生物が生み出されたり、マラカスで背景が変わったりする。


SIGGRAPH Asia 2009 - REMO for AR


色を認識してCGオブジェクトを重ね合わせるAR装置。
アロワナがなかなかリアルだった。


SIGGRAPH Asia 2009 - metaio Unifeye Platform メタイオ ユニファイ プラットフォーム


これもAR。ポスターと周囲のパーテーションを認識して、画面の中にだけ恐竜が登場。


SIGGRAPH Asia 2009 - 3D PCCI


これがすごかった。車の上に360度撮影出来るカメラを設置して、走行しながら周囲を撮影。
その映像をもとに立体的なポリゴンを作り、実際の映像から切り出したテクスチャーを貼りつけて、実物に近い立体CG空間が作り上げられるのだ。
グーグルマップ上にこうした立体映像を配置したりもできるし、ゲームのステージとなる空間を作ることもできるのがいいね、ワクワクする。


シーグラフアジア2009を写真たっぷりで紹介したページはこちら!



「SIGGRAPH Asia 2009」に行ってきたよ!



【関連】
「SIGGRAPH Asia 2009」に行ってくるよ!
SIGGRAPH Asia 2009 体験記 -- 世界最高峰のCG・先端技術の祭典 | DIGITAL DJ
次世代コンピューターテクノロジーの世界に迷い込んでみた「SIGGRAPH Asia 2009」:奇想天外生物図鑑 カラパイア
「SIGGRAPH ASIA 2009」がマーベラスだった件 : プラティカルパ
タグ