空気圧で伸縮する人工筋肉を用いたマッスルスーツ東京理科大学工学部の小林研究室が研究・開発中のマッスルスーツは、空気圧式人工筋肉を用いた、人間の体の動きを補助するもの。
空気圧で伸縮・硬化する人工筋肉の力で肘曲げや肩の屈曲、腰曲げを補助し、重い物を持ち上げたり、支えたりすることを用意にするスーツなのだ。
この人工筋肉を使ったシステムはロボット技術にも応用できるから、ちょっとワクワクするね。

【関連】
圧縮空気の筋肉で動くロボットアーム Airic’s_arm

軽量型 マッスルスーツ : DigInfo
タグ