なぜハエを叩き潰すのは難しいのか?カリフォルニア工科大学のハエ研究家が一端を解明手で叩いても、ハエたたきを使っても、ハエを叩き潰すのは難しい。
その理由を解明したのは、カリフォルニア工科大学のハエ研究家、マイケル・ディッキンソン教授(Michael Dickinson)と大学院生のグウィネス・カードさん(Gwyneth Card)。
ハイスピードカメラとハイクオリティなマイクを使って観察すると、ハエが叩かれる寸前に「逃げる準備」をしていたことが明らかになったんだとか。

ディッキンソン教授「ハエは、ハエたたき(叩こうとしているもの)が自分に向ってくるのを確認するとすぐ、次の1/100000秒の間に足を動かし体勢を整えて逃げる準備をしているんです。ただ単純に飛んで逃げているわけではないんですね」

スーパースローモーション映像を確認すると、ハエは足のポジションチェンジに多くの時間を費やし、最後の一瞬でハエたたきが向かってくる方向(赤い矢印)とは別の方向へとジャンプして飛び立っていく。
教授はこうした驚くべき行動をする、恐ろしく小さなハエの脳みそについての研究を進めているとのこと。

ちなみに、助手のグウィネスさん曰く、「両手を使ってハエを叩くというのはとても有効な方法。片方の手を避けようと飛び立ったハエは、もう一方の手の方向に飛んでいくわけですから」とのこと。
ハエを叩く最は、片手で叩くよりも両手でバチッと。

【関連】
生きたハエを広告代わりに使ったフランクフルトブックフェアでのプロモーション

Fly Swat Science
タグ