レクサス LF-AのAピラーを編み込んで作るカーボンチューブ織機トヨタの超高級スポーツカー、レクサス LF-Aのボディ骨格の65%を構成する素材、カーボン・ファイバー・レインフォースド・プラスチックを加工している工業用ロボットの映像だよ!
何十本もの細いカーボンチューブをギリギリと編み込み、太い一本の束にするのがこの機械。
この太い束はAピラーという、フロントガラスの左右を支える支柱になるみたい。


【関連】
柔らかくて弾力のあるバンパーというレクサスの新発想
レクサスESのエンジン音は、車上に積み上げたトランプが崩れないくらい静か

Lexus LFA Circular Carbon Fiber Loom
Giant 3D loom weaves parts for supercar




タグ