ユナイテッド航空に3500ドルのギターをぶっ壊されたの歌 United Breaks Guitarsアメリカの歌手、デーブ・キャロルさんがユナイテッド航空の係員に3500ドルもするギターを壊され、対応をたらいまわしにされた挙句に一切の賠償が行われなかったという件について、そのまま歌にしてしまったのがこの「United Breaks Guitars」という歌。
PVの中にはギターを放り投げられるシーンや、彼に一切の賠償責任を負わないと宣告した担当の女性などが登場。
既に80万近い再生回数となっていて、彼自身やこの一件についての宣伝効果はかなりのものとなっているのだ。
事件の詳細はなんでも評点を参照。


【関連】
なんでも評点:航空会社に3500ドルのギターを壊され、弁償を拒否されたミュージシャンがその怒りを楽曲に昇華させて華麗なるリベンジ

United Breaks Guitars
タグ