体重800ポンドのグリズリーが大親友、花婿付添い人にもなってもらった男、ケイシー・アンダーソンモンタナ州で生まれ育った動物好きのケイシー・アンダーソンは、サファリパークの飼育員、トレーナーとして働き、様々な動物たちと共に生活してきた。
ある日、数が多すぎるために安楽死させられそうになっていたグリズリー(ハイイログマ)の赤ちゃんを引き取った彼は、グリズリーにブルータスという名前をつけ、親の代わりとなって育てる事を決意する。
スクスクと成長したブルータスは800ポンド(363キロ)の巨体となり、映画やコマーシャルで俳優熊として活躍するようになったのだ。

ケイシーの結婚式でも花婿付添い人を務めてくれたブルータス。
National Geographicで特集されている記事の写真も、いい顔で写っている写真が多くて素晴らしい。

800-pound Best Friend



800ポンドのグリズリーが大親友、花婿付添い人にもなってもらった男、ケイシー・アンダーソン


800ポンドのグリズリーが大親友、花婿付添い人にもなってもらった男、ケイシー・アンダーソン


800ポンドのグリズリーが大親友、花婿付添い人にもなってもらった男、ケイシー・アンダーソン


800ポンドのグリズリーが大親友、花婿付添い人にもなってもらった男、ケイシー・アンダーソン



【関連】
熊にして名優バートを育てた名トレーナー、ダグ・スースと妻リン
ポーランド軍に兵士として所属した熊 ヴォイテック
野生の熊の群れと共に暮らす男 チャーリー・ヴァンダゴー
タグ