ドットを配置して音を奏でるバーチャルシンセサイザー ToneMatrixToneMatrix
縦横に並んだドットはそれぞれ位置によって、音と鳴るタイミングが全て違う。
横の位置は左から右に鳴るタイミングがずれていて、縦の位置は音の高さがそれぞれ異なっているのだ。
適当にドットを散らすだけでもなんだか心地よい音楽に聞こえてくるし、慣れてきたら黒が多いところにいい感じのドットを配置してみたり、ドットが多すぎる部分を調節したり、ちょっとずつ変化させて楽しめるぞ。
TENORI-ONをそのまんまフラッシュに置き換えた感じだね。


操作方法
左クリック:ドット切り替え

【関連】
TENORI-ON 21世紀の直感的音楽インターフェースデモンストレーション映像だよ!
楽譜が読めなくても弾ける直感系電子楽器がアツい! | R25

タグ