こざかしい手を使いながらPONGをプレイするロボット走るロボットに踊るロボット、表情を変えるロボットに、楽器を演奏するロボット。
これだけ様々なロボットが存在する現代ではゲームをプレイするロボットなんてそう珍しいものでもないけれど、人間くさいこんなロボットにはやっぱりにやけてしまうのだ。
古典的過ぎて誰も引っ掛からないどころか、自分がミスしちゃったりしてるけど。

Pong: The Robot Edition
タグ