目前のライオンに対してあまりにも無防備なカメラマンたとえ1匹だけだったとしても、たとえ雌だったとしても、丸腰の人間にとってはライオンは驚異的な存在。
にも関わらず、車の前にたたずむカメラマンは、その脅威に対してあまりにも無防備。
見ているこっちのほうが緊張してしまうのだ。
赤ちゃんの頃から一緒に育ったライオンとかなら話は別だけどそうでもないみたいだし、自殺行為にしか思えないね。


【関連】
ライオンに果敢に挑むイノシシと、何故か反撃しないライオン
ハイエナを狩る2頭の雄ライオン
野生にかえっても育ててくれた人間を忘れなかったライオン、クリスチャン

curiosity (almost) killed the cameraman


タグ