自然界最速、重力の18万倍の加速度で胞子を撃ち出すカビアメリカ、オハイオ州のマイアミ大学の研究チームが毎秒25万コマの高速撮影ハイスピードカメラで撮影に成功した、4種類のカビが胞子を飛ばす瞬間のスローモーション映像。
胞子の飛行距離は5センチから3メートル程度だけど、その加速度は重力加速度の2万~18万倍にも達する、自然界で最速の加速度だったという。
知らない間に色んな場所に繁殖しているカビだけど、その旺盛な繁殖力の秘密はこの凄まじい加速度にあったんだね。

【関連】
asahi.com:カビの胞子、最高時速90キロ 米研究チーム発表
PLoS ONE: The Fastest Flights in Nature: High-Speed Spore Discharge Mechanisms among Fungi

Fungus cannon
タグ