粘液を付けた糸を洞窟内に垂らしてカゲロウを捕らえるグロウワームグロウワーム(ツチボタル)はニュージーランドの鍾乳洞の中に棲息するキノコバエの幼虫。
彼らは蜘蛛のように巣を張り、粘液にまみれた糸を天井から垂らして、カゲロウを始めとした羽虫を捕まえて体液を啜るのだ。
透明感があって青く光っててすごく綺麗なんだけど、羽虫にとってはそこらのホラー映画よりもずっと恐ろしい存在だよね。
ゾクゾクした(・∀・)

【関連】
Kiwi Journal ~ ワイトモ ~
意外と見たことがない「幼虫がサナギになる瞬間」が凄い
粘液で獲物を絡めとるカギムシ(ベルベットワーム)の捕食映像
Caterpillar ひっくり返った昆虫みたいなへんな芋虫

Silk thread hunting trap - Sir David Attenborough's Life in the Undergrowth - BBC wildlife


タグ