今日のニュース



水力発電ダムも含め、町まるごと廃墟となったカナダのゴーストタウン、アンヨークス

カテゴリー
廃墟
動画
水力発電ダムも含め、町まるごと廃墟となったカナダのゴーストタウン、アンヨークス
カナダ、ブリティッシュコロンビア州にあるアンヨークスは、銅の採掘事業で栄え、現在はゴーストタウンとなった町。

事業が活発であった1914年には、町の人口はおよそ3,000人。外界と道路や線路がつながっておらず、汽船のみで出入りできる町であったという。

1920年代初頭に水力発電ダムが建設されるも、世界恐慌の影響で銅の需要が減少、1935年に鉱山は閉鎖され、1942年の火災で木造家屋はすべて焼失。

町の中を散策すると、コンクリート製の建物や鉄骨、朽ちた蒸気機関車などを見ることができる。

ダムがまるごと廃墟になって、そのまま残されているって凄い。

【関連】
アブハジア自治共和国のゴーストタウン、Akarmaraの中を散策してみた映像
1962年以来40年以上燃え続けているゴーストタウン、セントラリア
チェルノブイリとプリピャチ、ゴーストタウンの現在の姿
落書きで埋め尽くされたアメリカの廃道。ゴーストタウン、セントラリアへと続く「グラフィティ・ハイウェイ」

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
廃墟
動画
投稿日
2022/12/01

横着した結果の盛大なやらかしが悲しい

カテゴリー
ハプニング・事故・事件
動画
横着した結果の盛大なやらかしが悲しい
通常はエレベーターを使って運ぶところ、横着してエスカレーターを使った結果、盛大にやらかしてしまった男性。

2つ一度に運ぼうと思ったのも、おそらくこうなってしまった原因なんじゃないかと思われる。

たぶんすごく怒られるし、エスカレーター壊れたりしそうだし、なんかもう散々。

けが人でなくてよかった。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
ハプニング・事故・事件
動画
投稿日
2022/12/01

人間の120歳に相当する、現在生きている中で最高齢な猫、フロッシーさん。26歳と316日でギネス世界記録に認定

カテゴリー
動物・自然
動画
現在生きている中で最も高齢な猫、フロッシーさん。26歳と316日でギネス世界記録に認定
現在生きている中で、世界で最も高齢な猫としてギネス世界記録に認定されたフロッシーさん。

最初は野良猫として数ヶ月暮らしていたフロッシーさんは、マージーサイド病院の職員に引き取られ、最初の飼い主が亡くなるまで10年間暮らし、最初の飼い主の妹に引き取られて14年間生活。

2番目の飼い主が亡くなった後、2番目の飼い主の息子が引き取って3年間世話をするも、老猫に対するケアを完全に与えられないという判断から、慈善団体に預けることを選択。。

慈善団体のエグゼクティブ・アシスタントで、老猫の世話をした経験を持つヴィッキー・グリーンさんが引き取ることになり、およそ27歳の現在に至るという。

人間でいうと120歳に相当する高齢で、目と耳は不自由だけど至って健康。

ご飯も嫌がらずに食べているそうで、まだまだ長生きしてほしいもの。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
動物・自然
動画
投稿日
2022/12/01

巨大なサッカーボールに車で体当りする「車のサッカー」、オートボール。そりゃそうだよね、というアクシデント

カテゴリー
ハプニング・事故・事件
動画
巨大なサッカーボールに車で体当りする「車のサッカー」、オートボール。そりゃそうだよね、というアクシデント
普通のサッカーボールと比べるととんでもなく大きなサッカーボールを使い、人間の代わりに車を使ってプレイするモータースポーツ「オートボール」。

この日の試合では、ボールを間に挟んでちょうど向かい合った2台が、ボールのせいで反対側が見えなかったため、あっけなく正面衝突する羽目に。

それぞれのドライバーは軽傷だったとのこと。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
ハプニング・事故・事件
動画
投稿日
2022/12/01

犬は喜び庭かけまわる、雪が積もったある日の光景

カテゴリー
動物・自然
動画
犬は喜び庭かけまわる、雪が積もったある日の光景
雪が積もったのが嬉しくて、元気いっぱい庭かけまわるコーギー犬。

積もった量としては大したことないけれど、コーギーにとっては冷たくて新鮮で、とても楽しい日になったみたい。

家の中ではきっと猫が丸くなってる。

【関連】
「犬はよろこび庭駆け回り」って本当なんだね
初めての雪に喜び庭かけ回る犬
白い!冷たい!柔らかい!初めての雪に大興奮の犬
喜び庭駆け回る、雪に遊ぶ子犬たち

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
動物・自然
動画
投稿日
2022/12/01

1960年代のアメリカで盛んに作られた宣伝用の巨像「マフラーマン」。現在は多くが失われ、壊れて放置されたマフラーマンを新品同様に修復する会社

カテゴリー
海外・旅行
動画
1960年代のアメリカで盛んに作られた宣伝用の巨像「マフラーマン」。現在は多くが失われ、壊れて放置されたマフラーマンを新品同様に修復する会社
1962年、アメリカ、アリゾナ州フラッグスタッフのルート66にあったカフェ「ランバージャック・カフェ」の宣伝ために、ファイバーグラス製の巨像、ポール・バニヤンが製作される。

その後、ルート66沿いの店舗を中心に、数多くの巨像「マフラーマン」が製作されるも、1973年のオイルショックを機に縮小、製造していた国際ファイバーグラス社も倒産し、現在は多くが失われている状態。

そんな中で「マフラーマン」の修理を行っているのがアメリカン・ジャイアント社。

手間ひまかけて丁寧に修理した「マフラーマン」は新品同様。

日本でもたまに宣伝用の大きな像を目にするけれど、ああいうのもマフラーマンと呼ばれるものなのだろうか。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
海外・旅行
動画
投稿日
2022/11/30

愛する猫に取り付いた、邪悪なモノを祓う男の子のショートアニメ

カテゴリー
CG・アニメーション・ゲーム系動画
動画
愛する猫に取り付いた、邪悪なモノを祓う男の子のショートアニメ
十字架を落として神を軽んじ、液体のように姿を変え、ダークウェブに接続し、生贄を持ち込み、殺人を企てる。

邪悪な何かが取り付いたとしか思えない愛猫の行動に、悪魔祓いを試みる男の子のショートアニメーション。

猫を飼っている人は、ときどきこうやって邪悪なモノを祓っているのか……。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
CG・アニメーション・ゲーム系動画
動画
投稿日
2022/11/30

地下鉄ホームの喧嘩で線路に転落 →喧嘩相手がすかさず手を差し伸べ、ホームへ引き上げる

カテゴリー
ハプニング・事故・事件
動画
地下鉄ホームの喧嘩で線路に転落 →喧嘩相手がすかさず手を差し伸べ、ホームへ引き上げる
地下鉄ホームで2人の男が殴り合いの喧嘩をはじめたところ、1人が誤って線路へ転落。

一刻を争う事態に、つい今の今まで殴り合っていた相手も、すかさず手を差し伸べてホームへと引き上げる。

ちょっとした諍いで争うことがあっても、相手に死んでほしいわけではないもの。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
ハプニング・事故・事件
動画
投稿日
2022/11/30

ページトップへ

アクセスランキング